業務内容

FRP・スチロール等の素材による美術造形一般・模型制作
文化施設造型製作工事・建築装飾・設計・施工

ご希望が漠然としたものでも、私どもの技術と経験でサポート、具現化していきます。

見る人の視線を「クギづけ」にするインパクトのある「立体造形物」は、極めて大きな宣伝効果を発揮することは容易に想像できると思います。
当社風工房では、原型製作から施工まで「立体による感動空間」を創造する多彩なイメージづくりをお手伝いできればと考えています。

「商品」「料理」「サービス」などを立体的に表現する事で生みだされる強い訴求力は、さらなるブランディングに結びつき、
高い集客と宣伝効果を得られると考えています。
当社ならではの高度な制作技術による「立体造形物」は、遠くからでも、道行く人の目に印象深く、人々を必ず魅了することでしょう。
お陰様で、当社 風工房の「FRP造形製作物」は、創業以来の長年にわたる立体造形制作・美術造形制作などの実績より、
沢山のお客様、法人様に高いご信頼、ご好評を頂いております。

制作ギャラリーを見る
展示装飾 FRP・スチロール等の素材による美術造形一般・模型制作
文化施設造型製作工事・建築装飾・設計・施工
商業施設 百貨店 ,ショッピングモ-ル ,店舗等の内外装・立体看板 ,レリーフ, 内照製品
TV・CM・映画 撮影用各種造形 ,テレビ局マスコットキャラクター ,舞台用造形物
モニュメント 彫刻作品 ,オブジェ ,彫刻 ,校章 ,シンボル
教育施設 幼稚園・保育所等の各種遊具 ,門柱 ,施設用具
建築・住宅 マンション ,一般住宅等の内外装用造形物 (装飾柱 ,モールディングほか)

立体造形製作に使用されている素材について

当社において造形製作に使用する素材のFRP(繊維強化プラスチック)についてご説明しています。
まず、FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略で、
ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中にいれ強度を向上させた材料のことです。

Fiber=繊維 Reinforced=強化された Plastics=プラスチック

FRPの特徴

1.軽量で高い強度

FRPは、軽量で強度が非常に高く「強化プラスチック」とも呼ばれています。

軽い&とっても丈夫

プラスチックは、木材を除く他のほとんどの材料や金属より比重が小さいため、軽量ですが構造用材料としては適していません。そこで、樹脂をガラス繊維に含浸させて強度を向上させた複合材料がFRP(繊維強化プラスチック)です。
軽量でありながら、非常に高い強度を持つ素材であるため、「鉄より軽くアルミより丈夫」と言われています。

2.すぐれた耐久性

温度変化に対して優れた耐久性があり、金属のように腐蝕したり、木材のように腐ったりすることがありません。

錆びない&腐らない

FRPは、ボートや小型船舶に使用される素材としてよく知られていますが、食塩水、灯油、ガソリンなどに耐えることができ耐薬品性に優れています。
当社では、テーマパークのモニュメントをはじめ、建築装飾、公園の遊具ほか、数多くの屋外に設置するFRP造形物の制作に携わらせて頂きました。過去の数多くの制作物が現在でも美しい外観を保っている様子を見ることができます。

3.成形の自由度が高い。

FRPは、成形性が良く模型のような小さく込み入ったものから、10メートル以上の屋外モニュメントのような巨大なもの、さらに極めて複雑な形状でも、あらゆる成形への対応が可能です。

自由・自在に形成可能

また、成形後の塗装による着色でカラフルな色彩はもちろん、大理石塗装、エイジング塗装ほか様々な 塗装技術により、どのよう表現も容易に対応できます。

4.光透過が可能

高い光透過性を有する透明樹脂を使用することにより、内照式も可能です。
内側にLED照明を設置すれば、提灯、立体看板はもちろん、ほんのり周囲を照らすオブジェやレリーフなど、店内インテリアも効果的に演出することができます。内照式にすることで、暗い場所や夜間においても、より一層効果的なディスプレイとなります。